CS60南天ブログ Written by 楠見 優太

2025年7月

天変地異

 先日、予約注文していた「私が見た未来 完全版」が、やっと手元に届いたので読みました。

 作者のたつき諒さんは、予知夢を見るそうで、有名人の死や災害についての予知夢で見ることで有名です。

 フレディ・マーキュリーの亡くなったニュースや、東日本大震災の予知夢も見たそうです。

 さて、「私が見た未来 完全版」で重要な点は、同書の帯にも書いてあることですが、「本当の大災難は2025年7月にやってくる」とのことです。

 詳しく書けば、2025年7月に、突然日本とフィリピンの中間あたりの海底がボコンと破裂(噴火)し、その結果、海面では大きな津波が四方八方に広がって、太平洋周辺の国に大津波が押し寄せ、その津波の高さは、東日本大震災の3倍はあろうかというほどの巨大な津波だそうです。

 しかも、その波の衝撃で陸が盛り上がって、香港から台湾、そしてフィリピンまでが地続きになるような感じに見えたそうです。

 私の率直な感想は、「十分に起こる可能性がある」ということです。

 2025年7月という時期を考えれば、その頃は、日本がインフレからのデフォルトをしている時期でしょうし、COVID-19の次のパンデミックが起こっている時期でしょうから、それらに加わって、天変地異も合わせて起こって当然だと考えます。覚醒できる日本人に覚醒を促すために。

 ともかく、この記事を書いているのは、まだ2021年10月ですので、これらをお知りになった各自で、各自の行動を選択すればいいと思います。

 動きたければ動けばいいし、動きたくなければそのままでいいし、各自が信念のままに動けばいいと思います。